パンが主食

学んだことのアウトプット+ポエム

『Team Geek』を読んだ

目的意識

この本を読むに当たって、以下について新たな知見を得ることを目的とした。

  • 良いチーム作りの方法
  • 他人とうまくやるためのHack

1章 天才プログラマの神話

チーム内での合言葉

誰かに話しかけたいときは「ブレイクポイント、Mary」と言うのだ(Maryのところには話しかけたい相手の名前を入れる)。
(中略)
忙しかったら「ACK」と答えてくれるので、彼女の仕事が終わるまで他のことをして待つ。
(P.10)

とてもいい仕組みだと思う!ブレイクポイントの個所は優先度に応じて工夫の余地がありそう。

HRTを大切にする

謙虚(Humility)、尊敬(Respect)、信頼(Trust)。本書の内容が凝縮されていると思う。

2章 素晴らしいチーム文化を作る

内向的な人が秘めている力

本書で紹介されていた動画は以下。

スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」 | TED Talk

これを見てこの記事の内容を見直した。

wonda-tea-coffee.hatenablog.com

顔を合わせることは大切?

リモートワークをしていて遠方に済んでいても、チームメンバーと定期的に会いに行くべきだ、とあった。何となく同意しがちな感じがするが、その主張を支える根拠が欲しかった。

3章 船にはキャプテンが必要

内発的動機と外発的動機

  • 内発的動機・・・自発的に生まれるもの。
  • 外発的動機・・・外からの力で生まれるもの。

本書で紹介されていた動画は以下。

www.ted.com

この動画を見たのは2回目だが、やはり自分に必要ものは目的であると再確認。これについては仮ではあるものの設定しました。

wonda-tea-coffee.hatenablog.com

4章 有害な人に対処する

現状本書に取り上げられるような問題人物が身近にいないためかどれも響かず。

5章 組織的操作の技法

親切の経済

たとえ「返済」されなくても、誰かを手伝うと新しいことが学べるし、
そもそも誰かを助けるというのは気持ちがいい。
ちょっとした時間や労力以外に失うものなんてあるだろうか?
(P.137)

本当に心がけたい。今は自分のタスクで精一杯な場面が多いが、可能な限り誰かを手伝いたい。自分の質問に対して誰からも反応が無いのは辛い。自分がされて嫌なことを人にしてはいけない。

6章 ユーザーも人間

マーケティングユーザビリティ、顧客サービスについて取り挙げられていた。なんだか浮いた内容だと思ったが、これはユーザとうまくやるためのHackに入るのだと思う。

その他一言感想

  • 著者はLisper

総括

文量が少ないのは事実だったが、それを差し引いても自分の状況にそぐわない点が多く、全体的に響いた言葉が少なかった。とはいえHRTは大切にしたい。